CAREER PATH

キャリアパス

10

頑張りも自分の伸びしろ

成果だけでなく、過程も見てくれる。
努力も評価してくれる土壌が、
成長したいと思える最大のモチベーション。

Web・オープン・モバイル系開発
プロジェクトサブリーダー
2015年新卒入社

Timeline

  • 2015年
    入社
  • 2020年
    PRJサブリーダー

Profile

2015年新卒入社。大手自動車メーカーのプロジェクトで各種案件を担当したのち、サブリーダーに。キャリアアップしてお客様と話す機会が増え、一層やりがいを感じる毎日を送る。

ものづくりに関わる仕事がしたかった自分。
面接時の一言が入社の決め手に。

Qシーイーシーを選んだ理由はどうしてですか?

大学は文系・理系の枠組みなく学べる学部でした。ゼミの先生からIT系の仕事が向いているんじゃないかとアドバイスを受けて基礎的なことを教えてもらっていたのと、プログラミングの授業を楽しいと感じていたので、職種を絞って就職活動をしました。シーイーシーの面接の際「あなたにはうちの仕事があっていると思うよ」と言ってもらえたことがうれしくて、ぜひこの会社で働きたいと思いました。

プログラマーから徐々にスキルアップ。
仕事でもプライベートでも頼られる人になりたい。

Qシーイーシーに入社してどうでしたか?

1年目はプログラマーとして各種案件を担当し、4年目からはシステムエンジニアとして開発の上流工程に携わりました。6年目からサブリーダーとして大規模案件プロジェクトの中の1機能を担当し、お客様との調整や後輩指導などにも当たっています。成長を感じながら楽しく働けているので、シーイーシーを選んで間違いなかったと思います。

Qプロジェクトをマネジメントするうえで意識していることはありますか?

参画するプロジェクトで問題が発生した際に、チーム一丸となって問題解決を進めていくことを経験し、チームワークを強く意識するようになりました。また、リーダーによってチームの雰囲気が変わることがわかり、メンバー全員が働きやすいと思える環境を作れる人になりたいと考えるようになりました。

成長につながる仕事を任せてもらえる。
周りがフォローして背中を押してくれる。

Qキャリアを意識して取り組んできたことはありますか?

自分の実力を「見える化」するために、1年に1回は資格試験を受けることを自らに課して勉強しています。プロジェクトの中心になって活躍できる応用情報技術者の資格取得が目標です。また、先輩の仕事を知ることで自分に足りない力がわかるので、先輩の働き方から学ぶことを意識しています。

Qシーイーシーには成長できる環境がありますか?

あると思います。私は入社1年目の初めに勉強期間を設けてもらい、その後先輩から業務を通して教育訓練を受けて、少しずつ案件に入っていきました。全く知識のないところから入社して、システムエンジニアの仕事をバリバリこなしている職場の後輩もいます。やりがいのある仕事を任せてくれて、頑張った部分をきちんと見てもらえていると実感できる環境が、私のやる気につながっています。