PERSONS

人を知る

顧客・スタッフ、それぞれと向き合いソリューションを構築していく面白さ。

09

ITインフラ構築
プロジェクトメンバー

2009年新卒入社

ITインフラ構築 プロジェクトメンバー
シーイーシーを選んだ理由

得意のコミュニケーション力を活かし
挑戦できる職種・職場だと確信。

― IT業界に興味を持ち、SEを目指したきっかけを教えてください。

もともと人と接するのが好きで、大学のサークルでは部長、バイト先だったピザ屋では店長代理を任されるなど、コミュニケーション力には自信がありました。そんな自分がITに興味を持ったのは、父親がSEだったからという理由もあります。就活にあたりIT業界について調べていくと、コミュニケーション力も必要とされる仕事なんだと分かってきて魅力を感じました。就活後半はSE職を中心に採用試験を受け、内定は6、7社からいただきました。

― 多くの企業から内定があった中でシーイーシーを選んだ理由は?

距離の近さをとても感じたんです。面接してくれた方々もとてもフレンドリーで話しやすかった。給与や福利厚生などの条件面も他社と比較はしましたが、なによりも自分はやはり、雰囲気の良い楽しそうな職場で働きたいと考えてシーイーシーに決めました。大きすぎず小さすぎない、ちょうどよい規模の企業で挑戦・活躍してみたいという想いもありましたね。

ITインフラ構築 プロジェクトメンバー ITインフラ構築 プロジェクトメンバー
私の仕事

チームを率いて、目指すものをかたちに。
常に進化する業界において毎日が勉強。

― 入社後から現在に至るまでの流れを簡単に教えてください。

入社後はエンジニアとしてネットワーク専門の部署に配属され、ネットワークのネの字も知らない状態から1年間さまざまな案件を経験して仕事のやり方を覚えました。その後は約6年間、国立の某研究機関に常駐し、サーバーに関する構築スキルやシステムの運用業務を習得。現在は常駐先が変わり、クラウドエンジニアとしてネットワーク・サーバーの構築から運用保守までの業務にあたっています。

― クラウドエンジニアの役割とは?

世の中にクラウドはたくさんありますが、顧客に合ったクラウドを予算や技術的な条件まで加味し、見積もりの提出から立て付け・運用まで行う。そのような中で私が大切にしているのはチーム力です。顧客の設計・構築・試験・運用など、それぞれを担うメンバー全員の話を聞いて、最終的にアウトプットしたい像を共有します。その一方で、顧客と直接やりとりしながら状況判断していきます。

― エンジニアでありながら営業的なスキルも求められるのですね。

はい、私はどちらかと言えば営業寄りの立場ですね。ですからコミュニケーション能力や観察力も求められる仕事だと思います。顧客は我々よりその分野における知識を持っていたりもしますので、日々学習し、情報収集する姿勢も大切です。

仕事のやりがい、シーイーシーの魅力

顧客との関係が築けた瞬間に喜び。
思いきって挑戦できる環境に感謝。

― 仕事をしていて、どんな時に面白さを感じますか?

例えば、顧客の考えがまとまらない中で始まったミーティングで、こちらから積極的に提案し、会議室を出る頃にはそのお客様が完全に納得してくれていたり。初めは距離のあった顧客が、こちらの対応によって心を開いてくれて、相談をしてきてくれるようになったり。そんな瞬間がいちばん楽しいですね。あとは大きなプロジェクトが完了した瞬間もとても感動します。

― 社の雰囲気や良いところを教えてください。

どう働いていいか分からなくて悩んでいた時、当時の上司が「好きなようにやれ!責任は俺が取る!」と言ってくれたことが、その後の成長に大きくつながるきっかけになりました。この会社には優しくてまじめな人が多いです。
会社自体もやる気があればやらせてくれる、結果を出したら評価してくれる社風。
資格取得の支援も充実していて、私自身も入社後に10種ほどの資格を取得しています。挑戦する環境が整っている会社だと感じています。

ITインフラ構築 プロジェクトメンバー
私のこれからと目標

自分を進化させることで、
現状をさらに充実していきたい。

― ご自身の今後について、理想像はありますか?

今の業務をさらに拡大するとともに、得意のコミュニケーション力を活かして顧客にさらに寄り添った仕事を見いだしたいと考えています。
今以上に周りをマネジメントするポジションに遷移していくために、技術力の高い人たちをきちんとコントロールできるようにしていきたい。またお客様との関係にもさらに注力していきたいと思います。そのために常に自分自身を進化させ、必要に応じて資格も取得するつもりです。

ITインフラ構築 プロジェクトメンバー
学生へのメッセージ

避けがちな道ほど、実は近道。
ポジティブに考えてみてください。

― ご自身の経験から、就活生にアドバイスをするとしたら?

正直言って自分自身も「この顧客のところへ行きたくないな」「この案件はやりたくないな」と思うことがあります。ですが、あえてそれをやることが経験になる。
失敗して得るものって大きいんです。勉強でもそのほかのことでも、「やだな」と感じることほど必ず得るものがある。乗り越えると想像以上のレベルアップを図れる、チャンスだと捉えてみてください。

― シーイーシーでどんな人と一緒に働きたいですか?

この業界の知識がなくても、今自分がすべきことを考え、それを自らの言葉で発言・相談できるような人と働きたいと思います。